キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ETCシステムを導入する場合に必要な費用 : ETCカードのキメ手

ETCシステムを導入する場合に必要な費用

ETCシステムは高速道路を通行する場合にキャッシュレスで通行料金を支払うことができるのでとても便利です。

ETCマイレージサービスや永久不滅ポイント・年会費無料だったり盗難保険がついていたりします。

利用分によって還元率も違うのでお得なETCカードを申込みましょう。

今回は【ETCシステムを導入する場合に必要な費用】についてお話します。

ETCカードは年会費や発行手数料が無料のものが多数あります。

特に人気なのが永久不滅ポイントのセゾンカードインターナショナルのETCカードです。

●ETC車載器を購入します

値段はピンからキリまでです。

インターネットでの通販の場合は4,000円程度からありますし、高機能なものになると20,000円を超えたりします。

●セットアップ費用

車両の情報をETC車載器に登録する作業がセットアップです。

税込みで2,700円から3,240円が一般的な相場です。

このセットアップだけを別に申込みするよりもセットアップ込みでETC車載器を購入したほうがお得です。

●取り付け費用

人気があるのは分離型のETC車載器です。

相場は5,400円程度。

アンテナが内蔵されている一体型はパーツが少ないので1,000円程度安くなるみたいです。

●ETCカードそのものにかかる費用

基本的に無料になります。

年会費や発行手数料がかからないものを選ぶといいでしょう。

年会費が必要になるものでも500円程度でしょう。

発行手数料も1,000円程度です。

いずれも無料で利用できるETCカードが人気になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加