特殊清掃が必要な部屋の対処法

特殊清掃とは住人が死去した後、発見の遅れなどで部屋にダメージが残り、通常の清掃では現状復帰が困難な場合に依頼される清掃です。

高齢化が進み、独居高齢者が増加している現代では需要も増加してきています。

遺体が腐乱している場合もあり、体液が部屋の奥まで浸透している場合、通常の清掃では綺麗にする事は出来ません。

また時間が経過している場合も多い為、部屋の奥まで臭気も染み込み部屋自体に特殊な清掃をしなければいけません。

特に死臭の臭いは強烈であり、特殊清掃員は体に臭いが染みついて中々消えないなどの悩みも抱えています。

床板の張り替えなどを行うこともあるため、アパートでは下の部屋まで影響を及ぼす場合が少なくありません。

そのような場合は、早期対応が可能な特殊清掃業者も多いのですみやかに依頼を行いましょう。

需要の高まりから特殊清掃業者のランキングサイトもあり、業者選びの参考にする事が出来ます。

即日見積もりが可能な業者もありますので、急ぎの場合はそういった業者を活用しましょう。

費用に関しても明瞭会計で全て込みの料金で提示している業者もありますので、予算も考えやすいです。

注意として遺品整理も依頼する場合は別料金になりますので、見積もりの際は注意しましょう。

現在特殊清掃の技術は非常に高く、ひどい悪臭であっても特殊な清掃方法やオゾンによるクリーニングで原状復帰が出来るようになっています。

まさに今後高齢化が進む上で大家の味方とも言える存在になっているのです。